For Troedsson Villa

For Troedsson Villa
curated by Anne Eastman and Tam Ochiai

トレッドソン別邸のため
発案 落合多武 & アン・イーストマン

March 28th - May 10th, 2015  Weekends 11am - 5pm, by appt only
Opening Reception on Saturday, March 28th, 2pm - 8pm+  
Atsushi Nishijima performance at 4:30pm
and Pot au Fou organized by Amy Yao

会期:2015年 3月28日ー5月10日 土曜、日曜 11am - 5pm 予約制
会場:トレッドソン別邸 日光
オープニング・レセプション 3月28日(土曜)2pm−8pm+
ニシジマアツシ パフォーマンス 4:30pm

Francesca Woodman USA b. 1958 d. 1981  
Stanley Whitney USA b. 1946   
Anne Truitt USA b. 1921 d. 2004  
Paul Thek USA b. 1933 d. 1988  
Hiroshi Sugito Japan b. 1970 
Steven Pippin UK b. 1960  
Hiroyuki Oki Japan b. 1964  
Takuma Nakahira Japan b. 1938   
Marcia Hafif USA b. 1929  
Peter Fend USA b. 1950  
Mari Eastman USA b. 1970  
Erica Baum USA b. 1961 
Ryoko Aoki Japan b. 1973 
Michel Auder France b. 1945 
Marie Angeletti France b. 1984 

トレッドソン別邸はニューヨークにエンパイア・ステート・ビルディングが建設された1931年と同じ年に完成した。

この別邸は1919年にフランク・ロイド・ライトと共に帝国ホテル建設のため来日したアントニン・レーモンドによって設計された、後にレーモンドはフランク・ロイド・ライトを離れ、妻のノエミと共に自身の建築事務所を東京に設立する、その事務所に吉村順三が入所するのが1931年である。同年にレーモンドは当時23歳の吉村にトレッドソン別邸の担当を任せる事になった、ライト、レーモンド、吉村と日本の近代建築史において重要な3人の建築家がこの別邸を通じて繋がった事は重要だと思われる。

トレッドソン別邸はまた歴代の家主から考えても、とても独特な住宅といえる、レイモンドに建築を依頼したスウェーデン人貿易商のトレッドソン氏は第二次大戦に渡ってまで住み、戦後はイギリス人家族の家主に代わり、60年代から80年代後半まで住んだアメリカ人、その後、約30年間、現在の家主、アメリカ人と日本人夫妻と続き、この住宅は彼らによって東林庵と名付けられた。この住宅とその周りにある日本的であり同時に国際的な雰囲気はこの独特な歴代の家主と明治時代から日本に住む西洋人の間で行楽地として人気のあった日光の歴史を反映してるだろう、これら建築史的な流れと独特な家主の歴史、そして古い歴史をもつ場所に在るこの家は日本人と外国人そして多様な世代、作風が混合したアーティスト達の展覧会にとって特別な場所になりうるだろう。

今回の展覧会、”トレッドソン別邸のため” では、アート作品は家具その他の配置を変えていない状態のトレッドソン別邸内に点在する、ここでは展示場所と展示作品の差異は希薄になるだろう、虎の絵図の絨毯に、ミニマルな絵画、箪笥、tvルームのビデオ、それらは部屋の中から望む自然の風景とともにひとつのインスタレーションを形作る。

この展覧会に参加するアーティストはそれぞれの分野ですでに重要なアーティスト達であり、その中の多くとはこの不思議なトレッドソン別邸について話し合い、この場所に何か新たな層を加えるのに同意してくれたアーティスト達である。

多種多様なスタイルのアート作品、アーティストが集まって、止まって、動いて、泊まって、話して、会話して、そういう実験的な事柄が生起する場所にトレッドソン別邸がなればと考える、

もしかしたら猿が窓の外から展覧会を覗くかもしれないし、鹿が観に来るかもしれない。近くの猫が挨拶に来るかもしれない。

この展覧会はこの別邸で実現する初めての展覧会である。

 

The Troedsson Villa was completed in 1931, the same year as the Empire State Building in New York. 

It was designed by Antonin Raymond, who came to Japan with Frank Lloyd Wright in 1919 to work on the construction of the Imperial Hotel in Tokyo.  Raymond opened an architectural office in Tokyo after parting ways with Frank Lloyd Wright, and in 1931 Junzo Yoshimura began working for him. The same year, Raymond designated Yoshimura, then only 23, as the lead architect for the Troedsson Villa project. The house is significant in that it represents the continuum of three important architects in Japan’s history of early modernism, leading from Frank Lloyd Wright to Antonin Raymond to Junzo Yoshimura.

Situated in the foothills of Nikko National Park, the house is located in the UNESCO World Heritage site of Sannai which is famous for a number of important Buddhist Temples and Shinto Shrines, and has history of being a site of spiritual pilgrimage dating back over 1200 years.

The house is also interesting for its history of international ownership, beginning with Mr. Troedsson, the swedish merchant who originally commissioned Raymond to build the house and who lived there through WWII, it was later sold to an English family after the war, followed by an American owner from the 60s through the late 80s. The present owners, who are Japanese and American, have owned the house for almost 30 years, and have named it Torin-an. 

The combination of Japanese and western influences, imparted by its previous owners, are reflected in the design of the house and mirrored by the history of Nikko, which was a popular resort town amongst westerners living in Japan dating back to the Meiji era.  It’s notable and cascading modern architectural lineage, the history of the area, and the influence of the different owners, combine to make a unique site for an art exhibition.  The artists in this exhibition reflect the genealogy of the house and together they will contribute yet another layer of history to the house.

In this exhibition, 'for troedsson villa', the artworks will be installed throughout the house without changing the existing arrangement of furniture and objects, blurring the distinction between site and artworks.  A tiger rug, a minimal painting, a japanese chest, video art playing in the tv room, the natural landscape visible from the windows, combine to create a single installation. 

Diverse artworks and artists will come together, stop, move, stay, speak, and converse with each other, transforming Troedsson Villa into a site where such experimental things may occur. From outside the window a monkey may glance into the exhibition, or a deer might come to see the show, or perhaps a neighbor's cat will stop by to say hello.

Troedsson villa is a private home, for information about this exhibition email troedssonvilla@gmail.com

Special thanks to:

Tomio Koyama Gallery, team (gallery, inc.), Matthew Marks Gallery, Alexandra Truitt, Tadao Ishikawa , Craig Garrett, Gallery Side 2, Bureau, Take Ninagawa, ARATANIURANO, Yoko Sawada (Osiris), Shugo Arts, Amy Yao, David Donahue, Mika Shigemori, Atsushi Nishijima, Yuzo Sakuramoto, and Richard and Mariko Eastman.