chopin Op. 97

ショパン、97分間

落合多武

企画  トレッドソン別邸

会期  2019年3月17日(日) - 4月10日(水)
*水、土、日のみ開催(その他曜日は事前予約のみ対応
時間  11:30AM - 18:00PM
会場  てつおのガレージ 
栃木県日光市安川町8-10

オープニング レセプション  3月17日(日)14:00PM - 18:00PM
イベント1 3月21日(木)  てつおのガラージで   ギャラリーハプニング   14 時から   
イベント2 3月30日 (土)   日光の森の中へハイキング、 心臓の彫刻を見る 12時集合 予約制

Chopin, Op. 97

Tam Ochiai

organized by Troedsson Villa

Dates: March 17th (sun) - April 10th (Wed), 2019
Hours: Wed/Sat/Sun 11:30am – 6pm, and by appointment 

Location:  Tetsuo's Garage
8-10 Yasukawa, Nikko, Japan
Opening Reception March 17th, 2pm - 6pm 
Special Event on March 21st (thu) Gallery Happening from 2pm onward
Special Event on March 30 Picnic Hike 12PM - 15:00PM RSVP Required

     フレドリックショパンは1810年にワルシャワの近郊、ジェラゾヴァヴァラで生まれて、1849年パリで死んだ、ワルシャワには1度も戻らなかったが、死後、遺書に書かれている通り心臓だけが彼の街に戻された。
     この2つの旅が楽譜( op.97 )になり、第1の肉体の旅(ジェラゾヴァヴァラからパリ、2018年の春)は映像に残した、それは幽霊のように現れる。第2の心臓の旅(パリからワルシャワ、2018年の秋)は2ヶ月間続き、その間で363個の中古のオブジェクトを買った( ある蚤の市でとても痩せた高齢の女性から2枚の古い写真を買おうとしたら、彼女はその写真をじっと見て、これは無料だと言った、その写真はある結婚パーティーの写真だった)この心臓の旅は幾つかのプロジェクトに拡散していき、立体、写真、ドローイング、テキストに変わっていった。この旅は予想の出来ないスポーツのようで、スーツケースを引きずり、街から街を移動し、乗り遅れそうな電車やバスに向かって走った、ある時はアンティークディーラー、バックパッカー、観光名所が好きな観光客になった。
    このプロジェクトが音楽家ショパンについての作品ではないのは確かだが、第1の旅の最後、夜中に歩きながら撮影して、最終目的地、パリのヴァンドーム広場に着いた時は何か生きるものを感じ、 ショパンに関するものなどを街で見かけたら手に取り始め、そして最初の構造は少しずつ消えていった.


     落合多武は1967年神奈川県生まれ。1990年和光大学卒業後に渡米し、1993年ニュ-ヨーク大学大学院修了。現在ニューヨークを拠点に活動を行っています。
     ドローイング、ペインティング、立体、映像、パフォーマンス、本の制作、詩や文章の執筆など、様々な方法を持つ落合多武。彼の作品は、世界の中にある事物、例えば名前、ネコ科動物、言葉、都市、死、偶然性などに、秘かな意味や関係性を見つけ出し、響き合う音のような豊かな想像力の広がりを提示してくれます。そして色、線を連動させながら、自身の連想のプロセスを造形に現します。近年の個展、旅行程、ノン(小山登美夫ギャラリー、東京), tarragon, like a cat’s belly (team gallery, ニューヨーク)。

     本展 は、トレッドソン別邸が企画する、てつおのガラージでの三回目の展覧会です。日光東照宮からさほど離れていない安川町にあるてつおのガラージは倉庫でもギャラリーでもなく、かつては薬局でした。2015年に始まったトレッドソン別邸でのアーティストインレジデンシーの派生プロジェクトとして展覧会、イベントなどがアンイーストマンによって企画されています。

助成 テルモ生命科学芸術財団。

     Frédéric Chopin was born in Żelazowa Wola, a town 46km west of Warsaw, in 1810, and died in Paris in 1849 without ever returning to Warsaw during his lifetime. After his death, in accordance with his will, his heart was carried back to Warsaw. 
     These two journeys functioned as my score (op.97); first, the physical trip, from Żelazowa Wola to Paris in the spring of 2018, took the form of a video and appears as a kind of ghost.  The second, heart trip , from Paris to Warsaw in the fall of 2018, took two months and along the way 363 used objects were purchased (at one flea market a frail elderly lady looked for a long time at the old photos I was interested in, a wedding party somewhere a long time ago, and decided that they were free). The heart trip spread into several projects, becoming sculpture, photographs, drawings and texts.  It was like an unpredictable sport, dragging a suitcase and moving from town to town, running not to miss trains and buses. Sometimes like an antique dealer, or a backpacker, or a tourist just sightseeing.
     Although it is certain that this project is not a work on the musician Frederic Chopin, at the final point of the first journey, while walking in the middle of the night with camera in hand, I arrived at Place Vendome in Paris, and felt something living. And as I started to pick up on things connected to Chopin the first structure disappeared little by little.  


     Tam Ochiai was born in Yokohama, Kanagawa in 1967. He moved to the United States in 1990 after graduating from Wako University and completed his M.A at New York University in 1993. He currently lives and works in New York.  Ochiai's practice encompasses a range of different media from drawing, painting, three-dimensional works, videos, and performance, to poetry and text. His works unearth hidden meanings and contingencies in the various things that exist within the world such as names, feline animals, found objects, language, cities, and even death itself, presenting complex and unfettered significations that resonate within the imagination. Recent solo exhibitions include "Itinerary, Non" at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, Japan, and "Tarragon, like a cat's belly" Team Gallery, New York, New York. 
     Testuo’s Garage is neither a garage nor a gallery, but a building that once housed a Pharmacy, in the area of Yasukawa-cho, not far from Toshogu Shrine.  Exhibitions at Tetsuo's Garage are organized by the artist Anne Eastman as part of ongoing events, projects and exhibitions surrounding the Artist Residency program at Troedsson Villa in Nikko, Japan. 

Support for this project provided by Terumo Foundation for Life Sciences and Arts.

contact: troedssonvilla@gmail.com       www.troedssonvilla.org